【フィンテックとは?】現役エンジニアが解説する「フィンテック」投資

エンジニアが解説する投資

こんにちは! コアラです。

皆さん「フィンテック」はご存知でしょうか?

近年は至る所でささやかれる「フィンテック」。

このフィンテックに関して、

  • 結局、何のことを言っているのか分からない
  • 具体的に何ができるようになるの?
  • どんなフィンテック銘柄があるの?

という疑問を持っている方も多いはず。

今回は、その「フィンテック」について

大学院で電気工学を学んだ現役ソフトウェアエンジニアのコアラが解説いたします。

本記事を読んでフィンテックと関連銘柄について理解しましょう。

フィンテックに疑問を呈するコアラ
フィンテックに疑問を呈するコアラ

「フィンテック」という言葉は聞いたことあるんだけど….

実際はどんな技術を指すのか理解してフィンテック投資がしたい

※本記事は特定の投資商品の売買の推奨等を目的としたものではありません。
※投資は自己責任でお願いします。

「フィンテック」とは?

日本銀行によると「フィンテック」とは、

『FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きを指します。身近な例では、スマートフォンなどを使った送金もその一つです。』
(引用:「FinTech(フィンテック)とは何ですか?」日本銀行ホームページ)

とされています。

すごくぼんやりとしていますね。

これはソフトウェアエンジニア的に見てもそうで、「実際何なの?」と言った疑問が尽きません。

このような感じで「フィンテック」と言う言葉自体はぼんやりしています。

その言葉の意味を捉えるため、「フィンテック」の具体例を見ていきましょう。

すでに身近にある「フィンテック」

実はすでに身近なところに「フィンテック」は多数存在しています。

例えば、

  • QRコード決済
  • 会計簿アプリ
  • 銀行を挟まない後払いサービス(BNPL:Buy Now Pay Later)
  • 銀行の融資審査のAI化

などです。

こうして見ると、QRコード決済や会計簿アプリなど実際使っている方も多いのではないでしょうか?

このようにフィンテックの中にも親しみやすいものがありますし、実は「フィンテック」は知らぬ間に私たちの暮らしに浸透していっています

しかし、「BNPL」や「融資審査のAI化」など特殊な分野があることも事実です。これらに関しては後述で解説して行きます。

結局「フィンテック」はバズワード

「フィンテック」が多種多様な技術を指すということは前述の通りです。

実際、私を含めソフトウェアエンジニア界隈でも「実際何なの?」と思っている人も多いです。

そういう面で見ると、「フィンテック」は「バズワード」のようなもので、お金に関わるアプリや技術ならもれなく「フィンテック」だと言えるでしょう。。

実際、ソフトウェアエンジニアの私も「フィンテックとはお金全般の技術を指すバスワード」であると捉えています。

「フィンテック」銘柄

さて、フィンテックは「お金全般の技術を指すバスワード」でした。

そのため、一言にフィンテック銘柄といってもその数は多岐に渡ります。

とはいえ、代表的なフィンテック銘柄というのも確かに存在しているのでそれらの銘柄についてご紹介します。

QRコード決済のペイパル(PYPL)

「QRコード決済」については、日本でもPayPayなどが有名ですね。

実際使っている方も多いと思います。

しかし、この「QRコード決済」銘柄の中でも特に世界的な知名度を誇るといったら「ペイパル(PYPL)」でしょう。

「ペイパル」はアメリカのQR決済会社で「QRコード支払い」はもちろん「送金サービス」も手がけています。

また、Amazonとのパートナー関係も強くAmazonのサイトは「ペイパル支払い」を実装しています。

まさに、事業、パートナーともに一流のQRコード決済会社と言えるでしょう。

家計簿アプリのマネーフォワード(3994)

「家計簿アプリなら自分も使っているよ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、「フィンテック」と言われる家計簿アプリはただの家計簿アプリではなく、

多数の銀行口座、クレジットカード会社、ポイント会社などと連携できる家計簿アプリ

のことを指しています。

そして、このような家計簿アプリを提供するのが「マネーフォワード(3994)」です。

マネーフォワードは利用率No.1の家計簿アプリ(名称:マネーフォワード)を提供する会社であり、確定申告補助や保健事業など幅広く事業を手がけています

このような事業の幅広さを加味するとマネーフォワード「日本をフィンテックを代表する銘柄である」と言えるでしょう。

マネーフォワードの強みは厳密にいうと家計簿ではなく、「多数の銀行口座、クレジットカード会社などと連携するためのツール群」であると言えます。実際、このツール群は三菱UFJが提供するの家計簿アプリの「Mable」でも使われています

後払いサービス BNPL(Buy Now Pay Later)のアファーム(AFRM)

皆さんはBNPL(Buy Now Pay Later)をご存知でしょうか?

日本でも「BNPL」は普及していて「ペイディ」などがそれに当たります。

もしかしたら、使ったことがある人もいるかもしれません。

しかしながら、BNPL自体知らない人もいらっしゃると思うので、

  • BNPLの意味
  • BNPLの代表銘柄「アファーム」

について解説します。

後払いサービスって何? BNPLとは?

BNPL(Buy Now Pay Later)をざっくり言い表すと、

クレジットカード以外の分割後払いサービスのこと

と言えます。

これまで分割払い後払いはクレジットカードの独壇場でした。

しかし、クレジットカードの分割払いは手数料が高く、お金のない若者などには扱いづらいものでした

そこで、クレジットカードを使わない手数料無料の「分割後払い」を実現するサービス生まれてきました

このサービスこそが、

Buy Now Pay Later(今買って後で払う)=BNPL

なのです。

BNPLの代表銘柄「アファーム(AFRM)」とは

BNPLを代表銘柄としては「アファーム(AFRM)」があります。

「アファーム」はアメリカに本社を置く会社で、独自の「BNPLサービス」を提供しています。

個人向けに提供するというよりは、企業のホームページに「BNPLサービス」を設置したもらって、そこから使用料をとるというビジネスモデルを展開しています。

また、アファームはAmazonと連携しており、Amazonは自社サイト内でアファームの提供するBNPLサービスを使っています

加えて、Appleとも連携しApple製品もBNPLで購入する計画もあるようです。
(引用:BoomBerg「アップルとアファーム、購入代金の後払い方式をカナダで導入へ)

まさに、大御所から認められた代表的なBNPL銘柄であると言えるでしょう

融資審査AI化の「アップスタート(UPST)」

大きなチャレンジをするには「銀行からの融資」は欠かせませんよね。

しかしながら、銀行などの貸し手にとっては融資はチャレンジではなく、お金を稼ぐ手段なのです。

そのため、融資の審査には銀行員が莫大な時間をかけています

その莫大な時間がかかる融資の審査をAIで自動化した企業がアメリカの「アップスタート(UPST)」です。

アップスタートは、

  • 融資を受ける側の持つリスク(貸し倒れリスク)
  • 融資するがらのリスクやコスト

などの情報をAIで処理し適切なローン商品を自動で提案するサービスを提供しています。

このようなサービスを提供しているのは「アップスタート(UPST)」以外にはあまりないためその点では参入障壁が高いビジネスを展開しており、非常に魅力的な銘柄であると言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「フィンテック」という言葉の意味はぼんやりしていますが、フィンテック銘柄は確かな技術力を持った有力企業が多数存在します

また、これらのフィンテック企業はビジネスの独自性もあるためいい投資先になるのではないでしょうか?

この記事を読んで、皆さんが「フィンテック」という言葉の輪郭を掴み、投資に役立ててもらえれば幸いです。

フィンテック銘柄に投資したいコアラ
フィンテック銘柄に投資したいコアラ

フィンテックはまだ新しい分野。

今後の普及もまだまだ期待できる。

長期目線で投資を検討しても良いだろう

以上、コアラでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました